最近施工を依頼する人が増えている注文住宅のメリットとは?

家作りのパートナー選び

模型を持つ人

それぞれに利点がある

京都で家を新築する際、成功するか否かの鍵を握るのは何と言ってもパートナーの選択です。依頼先は大きく考えて地元京都の工務店、ハウスメーカー、建築家次の3つに分けられます。それぞれの利点と特徴を知ることから始めましょう。工務店の大きな利点は、熱心で良心的なところなら仕入れを工夫して全体のコストを下げてくれたり、京都の地の利を生かして、家が完成した後もすぐに来て、悪くなった部分を修繕してくれます。長年京都の地元で営業している腕の確かな工務店なら安心して任せられますし、コミュニケーションがとりやすいのも利点です。ハウスメーカーに依頼した場合の大きな魅力は、資金プランから設計、施工、引越しまで一貫してたサポートが期待できることです。また、細心の設備機器を取り揃え、工場で作られた質の良い部材を使用するので、新築の仕上がりには間違いありません。テレビCMや近所にある展示場で素敵な新築の家を目にしたのがきっかけで、ハウスメーカーで家を建てたいと思った人は多いはずです。間取りやデザインにこだわりたい人には建築家がおすすめです。建築家に依頼する場合、設計を建築家が行い、施工は建築家の紹介する工務店に担当します。作業の進み具合や仕上がりをチェックする管理も建築家が担当してくれるので助かります。建築家に新築を依頼すると設計料が高くなるというイメージを持つ人が多いようですが、設計料は家の工事費用に見合った凡その額が決まっているので、極端に高額になることはまずありません。部材を独自のルートで仕入れる、工事の職種を少なくするなど、建築家の工夫次第では建築費用を抑えることも可能です。