最近施工を依頼する人が増えている注文住宅のメリットとは?

お家

理想のマイホームとは

ゆったりとした新築一戸建てを探している人が多いために、寝屋川市内では敷地面積30坪以上の物件が評判です。地元業者の販売する自由設計の分譲住宅を選んだり、ガーデニングが楽しみやすい物件を選ぶのがトレンドです。

住居

シニア向けの住宅

枚方エリアでは、新築一戸建てや中古一戸建ての住宅の建設や購入を検討する方々もいらっしゃいます。選定のポイントは、快適に暮らすことがイメージでき、その暮らし方や経年に併せてリメイクできるか否かでもあります。

模型を持つ人

家作りのパートナー選び

家作りのパートナー探しは、重要です。そのため、京都で新築をする場合は、地元で長年営業している実績のあるところを選んでもいいでしょう。また、デザイン重視の家を考えている場合は、建築家に依頼するのもいいです。

設計を楽しみながら

お家

広くてもローコスト

相模原は、合併により人口と面積とが増えたことから、再開発がさかんとなっている都市です。リニア駅の新設や宇宙科学の研究も進められているため、未来都市としての期待度が高まってきています。そのため相模原での暮らしを希望する人は多く、利便性の高い市街地を中心に、注文住宅が次々に建築されています。また相模原は自然環境にも恵まれた都市で、市街地からやや離れた場所では、森林や湖などの美しい景色を楽しむことができます。そのため市街地以外でも、自然やきれいな空気を好む人々が、積極的に注文住宅を建てています。さらに相模原では、面積が増えた分、広々とした住宅用地を購入しやすくなりました。広ければそれだけ、自由度の高い注文住宅を建てることができます。たとえばエントランスを吹き抜けにしたり、ダイニングとリビングとをつなげて20畳ほどの広さにしたりといった具合です。さらに、屋根には太陽光発電パネルを多く設置したり、庭には大きなプールや花壇を作ったりと、広さを生かした様々な工夫ができるのです。このように設計の楽しさを堪能できることからも、相模原では注文住宅の需要が高まっていると言えます。また、新しい技術を意欲的に取り入れている相模原では、広い割にローコストという注文住宅も建設可能となっています。具体的には、システムバスや配線ダクトなどの導入で、坪単価を30万円程度にすることができるのです。広い注文住宅が少なめの費用負担で手に入るので、その点からも話題となっています。